OK桜行政書士事務所のホームページにようこそ

OK桜行政書士事務所

                      令和2年5月15日に行政書士資格の登録ができたばかりの事務所です。 

                      しかし、これまでの行政経験や協同組合での勤務経験などを踏まえて

                      適切に対応します。

                      現在当事務所においては、新型コロナウイルス対策として

                      面談時には、マスクの着用、手洗い・消毒の徹底を図っております。

                                                                 お盆期間(8月13日から16日)は、事務所は休業ですが、事前予約いただければ

                      無料相談を含めて対応いたします。

                      家賃支援給付金について、2020年1月から3月に開業した事業者も対象にする方向で

                      検討中である。⇒該当する方は事前にお知らせいただければ決まり次第お知らせします。

 プロフィール
 1980年から38年間 日進市職員として勤務
 この間に携わった主な業務として、市税(固定資産税・市県民税・収納業務)合わせて14年、そのほか道路建設等の用地買収、総務で行政手続きなど、入庁したときは
 日進町だったのですが、平成6年10月に市制施行で日進市になったのですが、この時市制移行の担当、あとは監査委員事務局、議会事務局などです。
 退職した2018年10月から、主に外国人技能実習生の監理業務を行う、事業協同組合に約1年半勤務しておりました。

当事務所の主要業務

<遺言・相続>

当事務所では、随時遺言・相続に関して無料説明会を実施しています。ご希望の方は、下記をクリックして内容を確認の上お申し込みください。

遺言・相続無料説明会へジャンプ

                       遺言書作成は、次のような方にはぜひ残されることをお勧めします。

        ①子どもがいない人

        ②前妻(夫)との間に子どもがいる方

        ③法定相続人(子どもさん)が3名以上いる方

        ④法定相続人以外の方(例えば、孫・子どもの配偶者・内縁の妻など)に財産を渡したい方⇒遺言書がないと相続できません。    

10年ぶりに民法が改正され、2019年7月以降段階的に遺言・相続に関して多様な制度改正が行われ、その規定に沿って適切な対応や選択をすることにより、大きな差が生じる場合も出てきます。この新たな改正を踏まえた説明を加えた対応を致します。

遺言は、あなたが死亡したとき残された相続人方が円満に遺産を分割できるような相談を含め作成支援対応いたします。これからの時代、介護に関しても十分な考慮が必要であり、法定相続人に限らず幅広い視点での遺言は必要になると考えます。

相続は、事務手続として①相続人の確定のための戸籍(除籍)住民票などの取得代行②相続関係図の作成を行いつつ

相続人方に相続財産目録を作成の準備として財産の洗い出しを行っていただきます。

洗い出された資料を基に、調査を加え相続財産目録を作成します。

これに基づいて、相続人間での協議を経て、その結果を遺産分割協議書として作成いたします。

遺産分割協議作成にあたり、相続人間の意見の調整のアドバイスを必要の応じ致します。

遺産分割協議を作成した段階で第1段階が終了します。

*遺産分割協議書が作成した段階で相続税が発生するかどうか検討します。⇒税理士さんへ引き継ぎの有無

第2段階として、遺産分割協議書の署名押印が完了後、別途依頼により不動産を除き名義変更等の手続きを

代行いたします。

詳しくは、お尋ねください。

遺言は、こちらへ     相続は、こちらへ

<協同組合業務・外国人技能実習生監理業務>

市役所退職後、転職した組合では、多くの技能実習生を監理していましたが、ここで総務・人事・申請の担当を1年半経験しました。はじめは技能実習制度や組合の業務などの知識はほとんどありませんでしたが、知識習得の手法などは行政経験から早く身につきました。また、組合関係の業務についても、全国中小企業団体中央会が行う中小企業組合検定試験(3科目:組合会計・組合制度・組合運営)にも合格しております。

私が組合業務を行ってきた中で、組合職員の事務担当者が特に行政機関等との事務的なやり取りが不慣れであると感じ、組合事務の補完として幅広くお役に立つようにしたいと考え、行政書士へ転職をしたのが一因です。

現在、協同組合の設立をお考えの方におきましては、愛知県中小企業連合会との調整を含めて、ご相談の対応を承ります。また、設立後の支援を含めて幅広く対応をさせていただきたいと考えております。

組合関連の書類作成(理事会・総会等の議事録、行政庁への提出書類の作成)、外国人技能実習生の監理業務の支援及び外部監査等、また特定技能外国人の登録支援機関登録申請、更新及び各種届け出書の作成なども対応しています。協同組合の職員構成・規模・業務形態などは、さまざまですのでその組合のご要望を伺い、利便性が高くよりスムーズな対応ができ、愛知県中小企業団体中央会や外国人技能実習機構などへの対応も含めた提案をさせていただきたく存じます。

詳細は、こちらへ

<衛生管理(HACCP導入支援)>

食品衛生法の一部改正により、2020年6月から衛生管理計画を作成することが義務付けされました。2021年6月まで

猶予はありますが、今回の改正では、基準Aに該当する従業員50名以上の企業だけでなく、基準Bに該当する従業員

50名未満の小規模事業者においてもHACCPの考え方を取り入れた衛生管理を行う必要があります。

当事務所では、学校給食におけるHACCPの取り組み経験もあり、特に小規模の飲食店などで負担軽減を図ったうえでの取り組みを提案いたします

導入支援手順は、こちらへ       飲食店の皆さまは、こちらへ

<その他、各種許認可申請業務>

上記以外の各種許認可申請業務や契約書・協議書の作成等も承りますので、お気軽に相談してください。

<ブログへリンク>

http://oksakura.at.webry.info/

更新履歴




OK桜行政書士事務所
〒457-0005 名古屋市南区桜台二丁目14番16号
📞 052-746-3078 Mail  oksakura@kkd.biglobe.ne.jp

inserted by FC2 system